052-221-5670
問い合わせる
取得資格のご紹介

相続診断士とは?

相続を円滑に進める『笑顔相続の道先案内人』

相続診断士とは、相続の基本的な知識を身につけ相続診断が出来る資格です。
生前から相続問題や思いを残す大切さを伝えていき、お客様と一緒に相続と家族の問題に向き合っていきます。
その中で、相続についてトラブルが発生しそうな場合には、できるだけ事前に税理士、司法書士、行政書士・弁護士などの
専門家(パートナー事務所など)と一緒に、 問題の芽を早めに摘み取ります。
お客様が安心して相続を円滑に進められるよう、『笑顔相続の道先案内人』として社会的な役割を担います。

家族信託コーディネーターとは?

そもそも、家族信託とは?

「家族(身内)に自分の財産の管理や処分を託すこと」

判断能力が無くなる(認知症などでボケてしまう)とその本人では、銀行からお金が下ろせなくなったり、所有している不動産の売却などの契約行為が出来なくなります。この家族信託は、「遺言機能」と「財産管理機能」の両方の機能を持ちます。遺言機能だけなら、遺言で済みます。生前の財産管理機能だけなら、成年後見人制度で済みます。 この2つを同時に使えるのが、「家族信託」というわけです。

競売不動産取扱主任者とは?

競売不動産のプロフェッショナル

競売不動産取扱主任者とは、お客様に競売に関するアドバイス及びサポートをするための一定の知識を持っていることを示す資格です。インターネットやチラシで一般に販売されている不動産と裁判所が公示する競売物件では、売却・購入それぞれで手続きやスケジュールが全く違います。関わってくる法律も異なり、知識や経験が必要となってきます。宅地建物取引士や長年不動産取引を行っている不動産業者でも、不動産競売について知識がないところも多く、相談を受け入れる業者も限られます。競売不動産取扱主任者が正確な情報をお伝えしながら、最善の方法をご提案、スケジューリングまでお手伝いさせていただきます。

宅地建物取引士とは?

不動産取引のプロフェッショナル

宅地建物取引士(宅建士)は宅地や建物の売買や交換、貸借の代理や媒介など不動産取引全ての場で、お客様がトラブルに巻き込まれないように正確な情報をお伝えし、お手伝いする専門家です。 不動産取引はとても高額です。お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項(重要事項)を事前に調査し、説明するのが宅建土の仕事です。不動産取引の契約の場では、宅建士による重要事項の口頭説明、重要事項説明書への記名·押印が義務付けられており、お客様の後悔のない不動産取引を行うためになくてはならない資格です。

不動産取引のプロフェッショナル

宅地建物取引士(宅建士)は宅地や建物の売買や交換、貸借の代理や媒介など不動産取引全ての場で、お客様がトラブルに巻き込まれないように正確な情報をお伝えし、お手伝いする専門家です。 不動産取引はとても高額です。お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項(重要事項)を事前に調査し、説明するのが宅建土の仕事です。不動産取引の契約の場では、宅建士による重要事項の口頭説明、重要事項説明書への記名·押印が義務付けられており、お客様の後悔のない不動産取引を行うためになくてはならない資格です。

不動産キャリアパーソンとは?

不動産取引の実務を熟知した者への証明

『不動産キャリアパーソン』は、実際の不動産取引で活かされる『実務』知識の修得に重点を置いた資格です。 物件調査をはじめ、実際の不動産取引実務は、宅地建物取引土の資格試験の試験内容に とどまらない、様々なスキル・知識や倫理•マナーも必要となってきます。そういった能力を全て兼ね備え、専門知識を正しくお客様にお伝えし、安心・安全な取引をすることでお客様の利益を守る事ができることを証明する資格となります。

空き家マイスターとは?

空き家流通の専門家

空き家の増加が全国的な問題となっている昨今、その問題解決の一つとして空き家の流通促進があげられます。空き家の流通を促進するには、通常の不動産取引以上に、相続や税金等の広範な知識の習得や高い倫理感が求められます。そこで、宅地建物取引業等に従事する者が空き家に関する知識を習得し、空き家の流通を活性化させるとともに、消費者に対して安全・安心な取引を提供し、トラブル等を未然に防ぐこと等を目的とした「空き家マイスター」認定制度が作られました。自治体などと提携して空き家問題の解決にあたることができる専門家として認められる資格です。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

家計のホームドクター

FP(ファイナンシャルプランナ一)とは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。お客様やご家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画をご提案、そのお手伝いをしていきます。正確かつ有効なご提案が出来るよう、年金や保険、資産運用、税制、相続など幅広い専門知識が必要となリ、これらの分野で一定の知識を持っていることを示すのがファイナンシャルプランニング技能土もしくはAFP·CFPの2種類のFP資格です。 不動産売買というものは、人生の中で最も大きなお金が動く出来事の一つです。後悔のないように、その時期や購入後・売却後のライフプランも含めご提案させていただきます。

家計のホームドクター

FP(ファイナンシャルプランナ一)とは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。お客様やご家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画をご提案、そのお手伝いをしていきます。正確かつ有効なご提案が出来るよう、年金や保険、資産運用、税制、相続など幅広い専門知識が必要となリ、これらの分野で一定の知識を持っていることを示すのがファイナンシャルプランニング技能土もしくはAFP·CFPの2種類のFP資格です。 不動産売買というものは、人生の中で最も大きなお金が動く出来事の一つです。後悔のないように、その時期や購入後・売却後のライフプランも含めご提案させていただきます。

スタッフ紹介

  • ・不動産業歴10年以上
  • ・豊富な実績による高い専門性とノウハウ
  • ・士業専門窓口
スタッフ紹介

不動産に関して
些細な疑問でも
お気軽にご相談ください。
聞くだけでも査定のみでも
大丈夫です!!

不動産に関して些細な疑問でもお気軽にご相談ください。
聞くだけでも査定のみでも大丈夫です!!

「 士業専門相談ダイヤル 」

052-221-5670 052-221-5670
10:00~19:00
定休日/水曜
メールで問い合わせる